陶磁器特集

pickup emono volume12 Since 2009/06/19

インターネットショッピングモール『通販一番』にお越しくださり、ありがとうございます。
このコーナーでは、季節や流行に合った『いいもの』をピックアップしてご紹介します。

今回のテーマは、『陶磁器』です。やきものとも呼ばれます。
これからの暑さで食欲がないなんて時にも、素敵な器に盛り付けたお料理なら食欲わくかも……!?

陶磁器の取扱店

※画像をクリックすると、各お店の商品一覧をご覧いただけます。

【食器の京ばん】

食器の京ばん

京都祇園に本店を構える清水焼・京焼のお店。料亭、旅館のプロの料理人が求めるものから、お洒落で可愛い若者向けやセレブ御用達品まで、また著名作家の希少な作品など幅広く取り揃えています。

【亜福窯ドットコム】

亜福窯ドットコム

繊細な筆致で絵付けした優しいデザインが人気です。モチーフは野に咲く花や実、草木など素朴でナチュラルな素材。女性がデザインをしているので、繊細で優しい趣きがあります。絵付けも熟練の腕を持った女性スタッフです。

【陶翠窯】

陶翠窯

湯のみ、茶碗、急須、マグカップ、花器などの瀬戸焼の陶器を取り扱っています。昔ならではの手作業で、すべて自社製造。和食器の味わいに、優しさとあたたかみをプラスした、自由でおおらかに使える器づくりを目指しています。

 

※今回ご紹介した商品は、品切れ等でご購入頂けない場合もございます。ご注文はお早めにどうぞ。
商品についての詳細は各店舗様へ直接お問い合わせください。

陶磁器とは…

陶磁器は、土を練り固め焼いて作ったものの総称で、やきもののことです。
関西より東では瀬戸物(せともの)、中国、四国以西では唐津物(からつもの)とも呼ばれています。

陶磁器は釉薬の有無や焼成温度で、以下のように分けられます。

土器(どき)
陶磁器の前身にあたるもので、素焼のやきもののこと。
窯を使わずに、700〜900℃の温度で焼いたもの。
釉薬(うわぐすり、ゆうやく)はつけずに彩色されているもの。
担錙覆擦辰)
陶器と磁器の中間的な性質を持つやきもので、窯で1200〜1300℃で焼く。
絵付けも行なわれないことが多いので、素朴で自然な風合いとなる。
日本の焼き締め、中国の紫砂、イギリスのジャスパーウェアなどがある。
陶器(とうき)
粘土を原料とし、釉薬を用いて窯で1100〜1300℃の温度で焼いたもの。
吸水性はないが、厚手で重い。粗陶器と精陶器に分けられる。
日本の代表的な陶器は瀬戸焼、伊賀焼、大谷焼など。
磁器(じき)
陶磁器の中では最も硬く、軽く弾くと金属音がする。
粘土質物や石英、長石を原料として1300℃程度で焼く。
日本の代表的な磁器は有田焼、伊万里焼、九谷焼など。

おすすめの日本の陶磁器

抹茶椀 色絵茶碗 「束熨斗」 通年物 ミニ抹茶碗 「すみれ草」 野点用 抹茶碗 「青磁」 椀形 通年物 正弥作 朱泥花瓶(徒然草彫り7号丸) 玲光作 緑彩茶器揃

抹茶椀 色絵茶碗 「束熨斗」 通年物

色とりどりの熨斗を束ねた色絵の茶碗です。 

¥6,480(税込)

ミニ抹茶碗 「すみれ草」 野点用

仕服にも入る大きさの野点用のミニ抹茶椀 

¥1,080(税込)

抹茶碗 「青磁」 椀形 通年物

薄青色が美しく重厚感があり手に馴染む椀形 

¥1,944(税込)

正弥作 朱泥花瓶(徒然草彫り7号丸)

常滑を代表する朱泥の花瓶です。 

¥35,000(税込)

玲光作 緑彩茶器揃

¥29,000(税込)
正弥作 藻掛け大花瓶 楽七 抹茶々碗2(楽焼) 抹茶碗 「天目」 獅子急須 益規作 朱泥叩き玉露用急須(後手)

正弥作 藻掛け大花瓶

藻掛けの大花瓶です。 

¥100,000(税込)

楽七 抹茶々碗2(楽焼)

楽焼の抹茶茶碗です。 

¥6,800(税込)

抹茶碗 「天目」

鉄釉を用いて焼かれた深く鮮やかな黒色茶碗 

¥1,620(税込)

獅子急須

4〜5名様分。カナ気を嫌う方にオススメ 

¥14,040(税込)

益規作 朱泥叩き玉露用急須(後手)

益規作の朱泥たたき急須です。 

¥21,000(税込)